yoppa.org


Blog

LEGO! LEGO! LEGO!

レイトレースしたVirtual LEGO

子供の頃すごくLEGOが好きで、暇さえあればLEGOで車とか宇宙船とか謎の形状などを作っては破壊するということを繰り返していた。でも、確か中学生くらいになったときに全て従弟にあげてしまったように記憶している。

今日偶然みつけた、BricksmithというOSX用のアプリが、バーチャルにLEGOを組みあげていくことができるCADのようなソフトで、これがかなり面白い。パーツも豊富に揃っていて、いろいろな形状が作れそう。LEGOに明け暮れた幼い日々が蘇えってくる…。

このアプリで出力される、LDraw形式(.ldr)というファイル形式は、様々なOSやアプリでのバーチャルレゴのアプリケーションで共通に用いられているフォーマットのようだ。LDraw.orgを見ると、様々なプラットフォームでの情報が網羅されている。

さらに面白いのは、このLDraw形式のファイルをL3Pというコンバータを使うことでPOV-Ray形式に変換できるのだ。つまりバーチャルに作りあげたモデルをレイトレースできる。

実際に簡単なブロックをレイトレースしてみると、なかなか感動する。仕上がりがめちゃめちゃきれい。一つ一つのポッチにきちんとLEGOのロゴまで入ってる。すごい! しかも、ここまでの過程を、全てフリーソフトで出来てしまうのも、感動ものだ。

週末じっくり遊んでみたくなった。

  • sei

    この絵はレイトレースしたもの?
    いやー、すごいなー。
    さっそくダウンロードしました。
    うーん、どうやって組み合わせるんだろう?

  • Atsushi Tadokoro

    これ、POV-Rayをつかってレイトレースしたものです。G5なら大体1〜2分でレンダリングが終わった感じです。
    POV-Ray用のライブラリもいろいろあるようで、バーチャルLEGOの世界、奥深そうです。

  • ivva

    これはすごいですねぇっ!
    幼少の頃はダイヤブロック派だったイワヲでした。

  • いまから思うと、ダイヤブロックってLEGOによく訴えられなかったですよね。全く同じ原理のおもちゃだし…