yoppa.org


Blog

GWも、もう終わり

連休も今日で終わり。僕の場合、4月29日以来、金曜日に一回出社したがそれ以外はずっと休んでた。フリーランス稼業でなくなってから、こんなにずっと休んだのは久しぶりだ。

とはいえ、結婚披露パーティーの打ち合わせに行ったり、両方の実家にそれぞれ行ったり、久しぶりに会う友人と飲んだり、服などを買い物したりするうちにいつの間にか連休終わってました。ゴールデンウィークらしいイベントはほとんどなかった。恵比寿でウディ・アレンの映画みようと出かけたけど、あまりに混んでいたのでやめてしまった。ゴールデンウィークはどこに行っても混んでいて、結局出不精になってしまう。

明日は非常勤講師@千葉商科大学。魂の抜け殻のようになった学生がたくさん見られそう。

相変わらず、ニュースでは脱線事故関連のものが続いてる。いつの間にか、興味の方向が当日に宴会してたとか乗客を助けずに通勤したとか、瑣末な不祥事の糾弾モードに。なんだかなあ。JR西の社長会見で、「どの面下げて遺族に会いにいったんだ!」と記者から罵声が飛んだとか書いてあったが、なんであんたにそんな説教されなきゃいけないのか。こういう矮小化された一方的な正義感って怖い。

  • 自分が大手企業の職員だったとして、よその部署でトラブルがあったからって前々から決まってた飲み会をキャンセルするかっていったらしないと思うんだよね。家にこもっていても何が解決するでもないし、現場に行っても足手纏いだし、料理を用意していた飲み屋にも悪いし。それより献杯でもして飲んで交流を深めた方が、次の事故を防ぐ信頼関係の構築に繋がる、っていうのはさすがに言い過ぎかも知れないが。
     ここでまた槍玉に挙げられてるのが民主党の議員っていうのもどうかと思う。僕は特に民主党を支持しているわけではないが、二大政党制というのに憧れがなくもないので、こういうことでいちいち民主党が叩かれるのはちょっと残念な感じよ。

  • Atsushi Tadokoro

    僕も、万難を排してでも「飲み会」を優先してしまう人間なので、人ごととは思えません…。絶対、飲み会に行ってたな僕だったら。
    もう最近のJR関連のニュースは、「何か不祥事をみつけてやれ」っていう視点から入ってるんで、現場の職員さんなんかにはかわいそうですよね。ミスを糾弾して吊るし上げるような人たちが多いばっかりに、妙なプレッシャーを生んで事故の遠因になったのかもしれないと思うと、またさらに現場が締め付けられてしまうのはなんとも悲惨です。