yoppa.org


Blog

大スクープ

2つまえのエントリーに書いた、フィリピンの旧日本兵情報はなんだか急に尻つぼみになってしまったようだ。産経新聞にはお詫びの記事が、本社の旧日本兵生存情報の報道について。なんだかなあ。

結局、「仲介人の男性(57)」に一杯喰わされたということなのだろうか。このおっさんは、うまく立ちまわれば、どこかから金が取れるかもしれないと思いついたのかな。実際大挙して押しかけたマスコミ(ワイドショー?)から、いくらかの取材費は受けとったかもしれず。

結局は、「水曜スペシャル! ボルネオのジャングル奥地に旧日本兵を見た!!!」という川口探検隊とあまりレベルは変わらなかったということかも。

  • 「戦史資料の事実とも一致」って産経新聞の持ってる戦史資料はだいぶ偏ってるような気もするなあ(笑)

  • Atsushi Tadokoro

    ちょっと前の社説では、ものすごく具体的にいろいろ書いてありますね。
    【主張】旧日本兵生存 故国が持つ引力のすごさ (http://www.sankei.co.jp/new…)
    「しかし、風俗や人情は六十年前とは様変わりしていても、人間の魂が帰還することを飢渇するところはその産土(うぶすな)だ。故国とは何という大きな引力を持つものであろうと思う。」
    うーむ。ここまでカッコいいこと言ってたのに…

  • そういう所が産経なんだってば(笑)