yoppa.org


Blog

ChucK

lalalilaさんのtumblr経由で知ったのだが、ChucKを紹介している、スタンフォード大のレクチャーが面白い。ChucKというと、コマンドラインで操作する、ちょっとマニアックなコンピュータ音楽言語というイメージだったんだけど、今ではminiAudicleというパッケージングされた開発+演奏環境ができていて、手軽にインストールして利用できるようになっているみたいだ。

ダウンロードしてサンプルを見てみると、簡単なGUIも作成できるし、OSCも使えるようだ。いろいろと応用範囲は広そうだ。最近ちょっとSuperColliderに飽きつつある自分がいるので、ここらで心機一転でChucKでパフォーマンスする環境をいろいろ試行錯誤してみるのも楽しそう。SuperColliderと比べると、文法も素直なような気がする(あくまで、ぱっと見の印象だけど…)。その気になれば独自のクラスも書けるみたいだ。あとは、音のクオリティーはSuperColliderと比べてどうなのかがちょっと気になるところ…

日本でのChuckコミュニティーってあるのだろうか?

ところでこのYouTubeのGe Wangさんのレクチャー、とてもわかりやすい。スライドの使いかたとか参考になるなー。こちらも頑張らないと…

  • akinori

    SIGGRAPHやICMCでCookさんご自身がデモってたので、わたしもChucKは常々気になっていたんですよね…。まだ触る時間がとれないんですが…(_ _;

  • Atsushi Tadokoro

    SIGGRAPHとかICMCって最近すっかり縁がないので、何をやっているのか全然知らなくなってしまいました…。
    コンピュータ音楽の世界も進歩していないようでいて、地味にいろいろ便利になってますねー。

  • lalalila

    Chackいいですよねー!
    時間軸の最大分解能が1サンプルって所がマニアックで好きです

  • Atsushi Tadokoro

    > 時間軸の最大分解能が1サンプル
    おお、そうなんだ。
    ということは、1サンプルのクリック音とかも簡単に作れそうですねー。