yoppa.org


Blog

あっという間の3日間

今年も7月29日、30日、31日とフル参戦でFuji Rockに行ってきた。一昨年、去年に引き続き今年も雨に祟られる。やっぱり僕は雨男なのか?

とはいえ、今年はColemanの折り畳みのデッキチェアを購入し、現地での居住性を重視した装備を持参した甲斐もあり、なかなか快適に過せた。やはり芝生に座るのと比べると疲れ方が全然違う。ただしその分腰が重くなってしまって、積極的にモッシュピット(ステージ最前部の激しく踊り狂う場所)に出掛ける回数も減り、ステージの後ろからおとなしく観賞する感じ。ステージ間の移動も今年は少なかったように思う。まあ、大人な落ち着いたフジロックも悪くない。

3日間で観たアーティストはこんな感じ。

1日目:Eddi ReaderLisa Loebザ・キングトーンズクレイジーケンバンド忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS

Lisa Loebは、眼鏡っ娘ロック!、爽やかできれいなメロディーが印象的だった。何故か最後にみんなで「どんぐりころころ」を輪唱。だれが教えたの? 1960年に結成したというキングトーンズのリーダは、おじいさん。脳梗塞から復帰したばかりということで、1コーラス歌うのが精一杯。後は弟子のジミーちゃんが歌う。昭和の香りが漂うステージだった。クレイジーケンバンドは、演歌ロックあり、爽やかなポップスあり、エンターテインメントに徹したステージ。ケンさん途中で、暑いのでつなぎを脱ぎ捨ててランニング一枚になったら、お腹が出てた。オッサンでした。忌野清志郎は、ゴキゲンだぜベイベーな感じ。ホーンセクションがめちゃめちゃカッコイイ。芸歴35年だそうです。

2日目:Leyona100s東京スカパラダイスオーケストラAsian Dub FoundationBeck

100sの時はトイレで並んでて、ほとんど観てなかった。残念。スカパラはなんだかカッコ良すぎだなー。ひがみかもしれないけど。Asian Dub Foundation、勢いがあって結構好きかも。結構日本語が上手。「ドモゴザイマス」「モットモット、サワゲー!」「Son of a Bush!」などと場内を煽ってた。Beckはさすがかっこ良いですね。短パンでタンバリンを持って踊り狂う、謎のオッサンダンサーが気になる。

3日目:The KnackKEMURIEGO-WRAPPIN’くるりThe Beach BoysMobyNew Order

この日は、なんといってもくるりが良かったなー。ファンになった。岸田くんはメガネかけてなかった。メガネロックからは卒業か? Beach Boys、さすがに完璧なコーラスワークで僕は素晴しいと思ったのだが、Beach Boysファンというかブライアン・ウィルソンの熱烈なファンであるスキル氏によると「ひどい演奏」だったそうだ。ふーむ。ブライアンバンドでライブを聴いてみたくなった。

こうやって書きだしてみると、3日間でほんとに沢山ライブ聴いたんだなあと実感する。雨はひどかったけど、貴重な時間を過ごした3日間だった。

それにしてもフジロックに来る人達は、列を乱したり、回りに迷惑かける人が少なくて、みんなマナーが良い。まあ3万以上の大金を払って、わざわざ雨にぬかるんだ会場に3日間も音楽を聴くためだけに集まるのだから、やっぱりみんな音楽を愛してるんだよな。そうしたコアな「音楽好き」たちだけで3日間過すっていうのがフジロックの魅力かもしれない。靴は泥だらけになるし、トイレに行くにも、食事を買うにも、常に大行列を覚悟しなきゃならないし、足は疲れるし、かなり散財するけど、また来年も行けるといいな。いつか青空の下で聴いてみたい。

  • 来年は青空の下でシーユー。

  • たどころ

    3日目に一瞬青空が見えましたヨ!

  • おー、たどころさん!アバロン・ステージには遊びに来なかったですか?私は3日間ずっとMCをやってました。今年はバイオ・ディーゼル燃料(天ぷら油のリサイクルしたやつ)を使った発電で、かなりエコでピースなステージで最高でした。Yeah, Fuji Rock!

  • たどころ

    最近体力ないので、主にグリーンステージとオレンジコートで椅子に座ってまったりしていて、結局アバロンステージ行かなかったです…
    MCやっていたのですかー、去年のエースさんのMCは見たのですが… あー、行けば良かった、残念。

  •  初日、キングトーンズLIVEでサポートVoを務めた弟子のジミー入枝(イリエダ)です。何より、名前まで覚えて下さって有難うございます。
     僕にとっては、師と同じ並びで同じ衣裳で舞台に立てた事自体が夢のようでした。何より、オレンジコートにお越しのお客様の声援は、それまでのプレッシャーから解放され、僕自身も楽しむことが出来ました。ハートウォームな空間だったと思います。
     師の命懸けの舞台を誰よりも近いところで目の当たりに出来たことが今後の自分の活動にも更に影響を及ぼしそうです。
     キングトーンズの弟子でジミーって奴がいてさぁ…と、これからも記憶の隅に残していただければ幸いです。

  • たどころ

    ジミー入枝さま:
    「ジミーちゃん」なんて気安く読んでしまってすみません!こんな辺鄙なブログにたどり着くなんて、すごいですね…
    フジロックでの歌声、素敵でした。フジロックでのステージでは、オレンジコートが何とも温かで心地よいムードになって、得難いものがありました。ホームページのプロフィールを拝見したら、1972年生まれ。同い年です!ちょくちょく、ホームページ拝見させていただきます。
    師匠であられるリーダーがより一層回復されることをお祈りしております。

  • ご無沙汰してます。
    昨年は僕のことも記憶に残してくださって有難うございました。
    なんと,今年もフジロックへの出演が決まりました。昨年同様,恩師のサポートVoには違いはありませんが,今年は『ザ・キングトーンズfeaturingジミー入枝&ナンシー』として,僕の名前も公表されました。
    近々,リハーサルが始まりそうです。
    取り急ぎ,報告まで。