yoppa.org


コンピュータミュージック 2017 - 明治大学先端メディアサイエンス学科

Sonic Pi + SuperCollider 1 – Sonic Piで自作Synthをつくる

この講義の前半はSonic Piを使用してライブコーディングを活用した作曲やパフォーマンスについて学びました。そして中盤から後半にかけて、SuperColliderを使用した音響合成の基礎を学んできました。Sonic Piが和声やリズムや旋律といった音楽のマクロな構造を記述するための言語とすると、SuperColliderは波形単位で音を生成するミクロな構造の創作でした。いよいよ今回からは、Sonic PiとSuperColliderを融合して、音のミクロな構造からマクロな構造まで全てを統合していきます。

今回はまず始めの一歩として、SuperColliderで定義した簡単な楽器定義(SynthDef)を、Sonic Piに読み込んで実際に演奏するところまでを解説します。

スライド資料

サンプルコード