yoppa.org


芸術情報演習デザイン (Web) 2015 – 東京藝術大学

授業のテーマ

HTMLとCSSで作る、Webサイト制作の基礎。

HTML(= Hyper Text Markup Language)は、Webの文書の構造を記述するための言語です。また、CSS(Cascading Style Sheet)はHTMLで構造化した文書の体裁やデザインを記述するための方式です。この授業はこの2つの仕組みを駆使して、Webサイトをデザインするための基礎技術の習得を目的とします。

HTMLとCSSは、現在も様々な機能を取り入れながら進化しています。この授業では、HTMLとCSSの基礎を押さえながら、今後の標準となっていくと思われる最新の機能(HTML5やCSS3)も紹介しながら、表面的な見た目だけのWebデザインではなく、その構造を深く理解した上でWebサイトを制作できるようになることを目標にしていきます。

講義の前半で、まずHTMLとCSSについて技術的な内容を理解します。後半は、Tumblrというマイクロブログサービスを使用して、オンラインポートフォリオを制作し、公開します。

授業計画及び内容

教材・参考書

授業資料はWebサイト(http://yoppa.org/)に掲載します。

参考図書:

  • 「Webデザインメソッド」矢野りん、ワークスコーポレーション
  • 「IA100-ユーザエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計」長谷川敦士、ビー・エヌ・エヌ新社
  • 「Designing Tumblr デザイニング・タンブラー」古屋 蔵人、高岡 謙太郎、ビー・エヌ・エヌ新社

成績評価の方法

出席数、履修態度、課題提出(中間課題・最終課題)の内容を総合的に評価します。

履修上の指示事項

本講義は美術学部デザイン科学部2年生を対象とした必修授業です。Macの基本操作(マウスの操作、文字の入力、ファイルやフォルダの操作)は理解している前提で授業を行います。