yoppa.org


多摩美 - “iTamabi” – iPhoneアプリ開発プロジェクト 2010

openFrameworksを、iOS4用にビルドする

openFrameworksを、iPhoneのiOS4用にビルドする方法について解説します。このページでは、下記の環境でテストしています。

Xcodeと、iOS SDKの最新版をダウンロードする

XcodeとiOSX SDKの最新版を、Apple Developper Center (ADC) からダウンロードしてインストールします。iPhone Dev CenterのURL (http://developer.apple.com/iphone/) にアクセスし、登録したADCのアカウントでログインした上で、「iOS SDK 4」のタブを選択します。「Downloads」のメニューより、「Xcode 3.2.3 and iOS SDK 4.0.1」を選択し、ダウンロードします。

ダウンロードしたディスクイメージをダブルクリックしてマウントし、インストーラーを起動して、XCodeとiPhone SDKをインストールします。

FreeImageのライブラリをダウンロード

下記のリンクより、iOS4用にビルドし直されたバージョンのFreeImageのライブラリをダウンロードします。

FreeImageのライブラリを入れ替え

openFrameworksの配布パッケージ内のFreeImageのライブラリを、ダウンロードしたiOS4用のライブラリと入れ替えます。

既存のライブラリを消去します。

  • of_preRelease_v0061_iPhone_FAT-pre3/libs/FreeImage/lib/iphone/libFreeImage_iphone_universal.a


既存のFreeImageのライブラリは消去 (画像をクリックで拡大)

同じフォルダにダウンロードしたライブラリ(2種類)をインストールします。iOS4用のライブラリは、ダウンロードしたフォルダの「FreeImage/lib/iphone/」以下にあります。その中身を以下の場所にコピーします。

  • of_preRelease_v0061_iPhone_FAT-pre3/libs/FreeImage/lib/iphone/libfreeimage-iphone.a
  • of_preRelease_v0061_iPhone_FAT-pre3/libs/FreeImage/lib/iphone/libfreeimage-iphonesimulator.a


ライブラリをiOS4用のものに置き換えた状態 (画像をクリックで拡大)

※ includeフォルダの中身は変更の必要はありません。

openFrameworksのプロジェクトにFreeImageライブラリを追加

まず、XCode 3.2.3で、openFrameworksの既存のプロジェクトファイルをオープンします。左側の「グループとファイル」のリストから、FreeImageのiPhone用ライブラリのフォルダ内にある古いライブラリを選択します。

  • [プロジェクトのアイコン]/libs/core/core libraries/FreeImage/lib/iphone/libFreeImage_iphone_universal.a

ファイルを選択した状態で、Deleteキー、もしくは右クリックで表示されるリストから「削除」を選択して、ファイルを削除します。


プロジェクト内の古いFreeImageライブラリ

次に、ライブラリが格納されていたiphoneフォルダを右クリックして、「追加」→「既存のファイルの追加」を選択します。ファイルの選択画面が表示されるので、iOS4用のライブラリを選択して、「追加」を選びます。

  • of_preRelease_v0061_iPhone_FAT-pre3/libs/FreeImage/lib/iphone/libfreeimage-iphone.a
  • of_preRelease_v0061_iPhone_FAT-pre3/libs/FreeImage/lib/iphone/libfreeimage-iphonesimulator.a


FreeImgeライブラリ内のiphoneフォルダに既存ファイルを追加する


ライブラリをiOS4用のもので入れ替えた状態

この操作は、プロジェクトを新規に作成する際に毎回必要となります。ライブラリーをiOS4用に設定した空のプロジェクトファイルを作成して、新規に「EmptyProject」という名前で保存して再利用すると、次回はその「EmptyProject」をコピーすることで設定済みの状態から初めることが可能です。

Xcodeビルド設定の変更

iOS4に更新した関係で、以前のプロジェクトファイルに設定されていた、ビルドの設定が使えなくなっています。最新版の環境にあわせて、ビルドの設定をする必要があります。設定箇所は2箇所です。

「グループとファイル」のリストの一番上にある、プロジェクトのアイコンを選択した状態で、メニューバーから「情報」を選択し、設定画面が表示されるので、「ビルド」のタブを選択。

  • 「アーキテクチャ」→「ベースSDK」の設定を、「iPhoneデバイス 4.0」に

「グループとファイル」のリストの「ターゲット」の中にある実行ファイルのアイコン(例:emptyExample)を選択した状態で、プロジェクトファイルと同様に変更。

  • 「アーキテクチャ」→「ベースSDK」の設定を、「iPhoneデバイス 4.0」に


ベースSDKの変更

iPhone実機で動かす場合には、ofxiphone-info.plistの設定や、コード署名IDの設定を行います。
あとは、メニューバーの「概要」で、「Simulator」か「Device」かを選択し、「ビルドと実行」ボタンを押して実行します。


SimulatorかDeviceかを選択

追記:iPad (3.2 or 3.2.1) 用にビルドする

iPad用にビルドするには、上記のiOS4の設定と同じ操作をした後で、追加で以下の設定をすることでビルドが可能となります。

「グループとファイル」から、「ターゲット」内にある実行ファイル (例:emptyExample) を選択し、右クリックします。表示されるメニューから「現在のターゲットをiPad用にアップグレード」を選択します。


ターゲットをiPad用にアップグレード

アップグレードの形式を、iPhoneとiPadで共通の1つのユニバーサルアプリケーションにまとめるか、2つの独立したアプリケーションにするかを選択します。この説明では、1つのユニバーサルアプリケーションを選択しています。


アップグレードの形式を選択

最後にメニュバーの「概要」のプルダウンメニューから「アクティブな実行可能ファイル」の中からiPad用の実行可能ファイルを選択します。


実行可能ファイルをiPadで選択

これで設定は完了です。「ビルドして実行」ボタンを押すと、シミュレータ、またはiPad実機でopenFrameworksのアプリケーションが動作します。

  • Pingback: 2010/07/21に気になったこと | debeso()

  • here is the already recompiled library for ios4
    ここ わ IOS4  の recompiled library に ある

    http://www.jeffcrouse.info/how-tos/ofxiphonevidgrabber-and-ofxopencviphone/

    きをつけて ISO4 だけ です、3.2 が できない で おもう
    take care it s only for IOS4 , i think you wont be able to compile for 3.2 .

  • yasuo miyashita

    昨日OFの参考書を入手し OFのmac用でサンプルコードをたのしんでいるものです。 さて 先日も相談したのですが、 iOS4になってからかOFがはじまった為か itamabiの授業についていけないおちこぼれです。FreeImageライブラリの入れ替えまではうまくいくのですが、そのさきビルドとなると base SDK missinngのエラーがでて進みません。3P中段の解説をもっと詳しくやっていただけないでしょうか?

  • yasuo miyashita

    iPhoneのOpenframeworkで開発をしようとおもっているものです。
    授業についていきたいものです。
    macのOpenframeworkでは うまく例題をコンパイルできるのですが、
    Iphoneでは freeimage*.aの置き換えまでうまくいくものの
    Xcodeビルド設定の変更がうまくいかずなやんでいます。
    どうかお助けを。

  • Pingback: m-ogawaWeb(仮) » 最近の興味まとめ(2010年7月末)()