第10回: Sonic piでサウンドプログラミング入門

「メディア芸術の基礎」の前半では、主にProcessingを用いたビジュアルプログラミングを行ってきました。後半はまた新たな内容をとりあげていきます。 後半の講義では、音響や音楽をプログラミングを用いて処理し表現を行います。サウンドを扱うための開発環境として「Sonic Pi」を使用します。Sonic piは、教育現場でのプログラミングや音楽の授業をサポートするように設計された、ライブコーディング可能な無料のサウンドプログラミング開発環境です。「カノンからダブステップまで」というキャッチフレーズに代表されるように、古典〜現代の音楽を作曲できる、Mac OS XやWindows、さらにはRaspberry Piでも動かすことが可能で、柔軟なプログラミングが可能です。 今回は、Sonic Piの入門として、インストールから操作方法、そしてプログラミングの基本を学んでいきます。 スライド資料 Sonic piでサウンドプログラミング入門 Related