yoppa.org


メディア芸術の基礎 2017 – 東京工科大学

第5回: ビジュアルハーモニー (アルゴリズム、三角関数)

今回は、より複雑なアニメーションに挑戦します。たくさんの図形を、一定の手続き(= アルゴリズム)にそって動かしてみます。動きのアルゴリズムはいろいろありますが、今回はその一例として、三角関数(sin, cos , tan)を使用した動きをとりあげます。三角関数の定義は、直角三角形の角度とそれを取り囲む辺の比率で定義されます。しかし、同時に円運動を座標に変換する仕組みとしても活用可能です。この仕組みを応用してアニメーションするとどうなるか、三角関数を用いたアニメーションで美しいパターン「ビジュアルハーモニー」を生成する手法を紹介します。

スライド資料

サンプルプログラム

課題

課題: 「ビジュアルハーモニー」を表現する

  • sin関数による動きで、オリジナルの「ビジュアルハーモニー」を表現してみる
    • 周波数を変化させてみる
    • 動かす形を変えてみる
    • 色を変化させてみる
    • 3Dで表現してみる (上級編)
    • …etc.

サンプルコード: 以下のサンプルが課題のベースになります。

課題の提出方法

  • emailで提出
    • To : tadokoro+teu17@gmail.com
    • Subject: 課題3
    • 作成したプログラムの実行結果をスクリーンキャプチャーしてメールに添付
    • 本文に以下の内容を記入して提出
    • 学籍番号
    • 氏名
    • 締切: 次回の講義開始時間 (5月29日 16:45) まで