yoppa.org


メディア芸術の基礎 2017 – 東京工科大学

第8回 クラスを継承する – Processing オブジェクト指向プログラミング入門2

前回に引き続き、Processingにおけるオブジェクト指向プログラミング(OOP)の方法について解説していきます。今回はOOPの重要な概念の一つである「継承 (インヘリタンス) 」について考えていきます。継承とは、既存クラスの機能構造を共有する新たなクラス(サブクラス)を派生させることです。サブクラスからは親となるクラスのプロパティやメソッドをそのまま引き継ぐことが可能です。この継承の仕組みを効果的に活用することで、既存のクラスを再利用しながらそこに新たな機能を加えていくということが可能となります。

次回までにやってくること

次回からは、新たな内容に入ります。これまではProcessingを用いて主に視覚的な表現を扱ってきました。次回からは、Sonic Piという開発環境を用いて音や音楽を扱います。

次回までに以下のサイトからSonic Piの最新版を使用しているOSにあわせてダウンロードし、インストールしておいてください。

スライド資料

サンプルプログラム

上下左右に動きまわる円 (基本テンプレート)

クラスの配列 – 大量の物体を同時に動かす

クラスの継承 – 重力を付加

クラスの継承 – 重力と摩擦力を付加