yoppa.org


Blog

TidalをWindowsでセットアップする

Window環境でのTidal

Tidalは基本的にはUnixベースの環境を前提としているため、Windowsで動かすには、いろいろ設定が必要です。

TidalをWindowsで動かすために、まずCygwinという、Windowsオペレーティングシステム上で動作するUNIXライクな環境をインストールし、そこに必要なライブラリーをインストールした後、Tidalの環境を構築します。

Cygwinのインストール

下記のリンクからダウンロードします。

  • https://cygwin.com/install.html
  • 64bitOSの場合は、setup-x86_64.exe をダウンロードして実行
  • 32bitOSの場合は、setup-x86.exe をダウンロードして実行

インストーラーでインストールを進めると、途中でパッケージを選択する画面になります。ここで、下記のパッケージをsearchから検索して、表示されたパッケージのバージョン番号をチェックをしてインストールする設定にします。

screenshot_594.png

Portaudioのインストール

Portaudioは、パッケージ化されていないので、ダウンロードして手動でビルドする必要があります。まずPortaudioのダウンロードページに行き、安定板(2016年4月現在はpa_stable_v19_20140130.tgz)をダウンロードします。ダウンロードしたpa_stable_v19_20140130.tgzをCygwinのホームにコピーします。その上で、下記のコマンドでPortaudioをインストールします。

Libioのインストール

OSCをやりとりするためのライブラリーlibioもapt-cygではインストールできません。libioのサイトのDownloadにある最新の安定版(2016年4月現在はliblo 0.28)をダウンロードして、下記の手順でインストールします。

Dirtのインストール

Tidalで使用するサンプラー、Dirtをインストールします。Dirtはgithubからクローンします。

ダウンロードしたら、ビルドします。

Haskellのインストール

Tidalのベースとなっているプログラミング言語Haskellをインストールします。まずHaskellのインストールページを開きます。

自動的にWindowsでのインストールのページが表示されます。使用している環境にあわせて、32bit版か62bit版のHaskellのインストーラーをダウンロードします。ダウンロードが完了したら、インストーラーを起動してHaskellをインストールします。

Haskellをインストールしたら、Cygwinを再起動してください。

Tidalのインストール

Cygwinを起動して、下記のコマンドでTidalをインストールします。

これで、完了です!

Atomの設定

Windows版でも、Atomをエディターとして使用可能です。OS X版と同様に、まずAtomをインストールした後、Tidalパッケージを追加します。

TidalパッケージのSettingを開きます。ここでghci.exeへのパスを正しいものに変更します。

  • 例: C:\Program Files\Haskell Platform\7.10.3\bin\ghci.exe

screenshot_596.png

あとは、テストでコードを実行させてみて音が鳴れば、設定完了です!!