yoppa.org


Web動画表現
千葉商科大学2011年度

講義内容

昨年度までは、この講義ではAdobe Flashを用いたインタラクティブなアニメーション表現を主に取り扱ってきましたが、今年度からは内容を一新したいと思います。

以前までは、Webブラウザ上でインタラクティブな表現を行う手段は、ほぼFlashで寡占されている状態でした。しかし、最近になってHTML5と、それに付随するJavaScriptやCSS3などの新たな技術によって、Flashに代表されるようなプラグインを用いるのではなく、Webブラウザ自身の機能で高度な表現が可能となりつつあります。

この授業でも、こうした世の中の流れをうけて、HTML5や、jQueryなどを含むJavaScriptのAPIなどを駆使して、Webによる表現の先端的な内容をとりあつかっていきます。

講義ノート

準備学習等の指示

授業の資料は全てWebサイト http://yoppa.org/ で公開します。履修者は各自資料を参照して復習するようにしてください。

授業計画

作成中…

評価方法

出席状況,履修態度,課題提出(中間課題・最終課題)の内容を総合的に評価します。

履修上の注意

Windowsの基本操作を習得していることを前提とします。

キーワード

HTML5 CSS3 JavaScript jQuery Webアプリケーション

教科書

特になし

参考文献

授業の中で適宜紹介