yoppa.org


Webアニメーション 2010

Flashアニメーション応用1:ボーンツールを使う

ボーンツールとは

  • CS4で新登場した「ボーンツール」を使ったアニメーションを制作
  • ボーンツールを使うと、腕などの関節のような動きを滑らかに表現することが可能

ボーンツールの作業手順

  • オブジェクトをシンボル化する
  • 重なりを変更する
  • ボーンの設定

腕の関節のアニメーションを作成する

ボーンの作成

  • まず、腕のパーツを作成する

  • それぞれのパーツをグラフィックシンボルとしてシンボル化 (パーツの重なりに注意!)
    [fig]

  • ツールパネルから、「ボーンツール」を選択する

  • 上腕の動きの始点となる関節の中心から、動きの終点となる関節の中心までドラッグする
  • シンボルの中に動きの「骨」が生成される

  • 腕の関節の先と手に関しても、同様にボーンツールで「骨」を入れる

  • 手の部分をボーンツールを使用して動かしてみる
  • 手の関節のような動きで、腕がボーンツールにより連動して動いているのが、確認できる

アニメーションしてみる

  • ボーンが設定されたフレームの右端をドラッグして、フレームを横に拡げる

  • 最後のフレームが表示された状態で、選択ツールを使用して、腕を変形させる
  • 自動的にキーフレームが挿入される

  • この状態で、ムービーのプレビューをしてみる
  • 関節の動きがアニメーションできるはず