yoppa.org


Blog

バブル再び?

最近よく見受けるニュースのパターンとして、経済の指標かなにかによって日本の経済が回復基調にある、という内容を説明したあと、VTRはタクシー運転手のインタビューに切りかわって、「いやー、われわれ庶民には全然実感ないっすねー」っていうやつ。もしくは商店の店主かなにかが「わしらの商売は全然厳しいですわー」とか言うパターン。こういう紋切り型のニュースを作るディレクターって、いわゆるテレビのニュースの枠でしか物事を考えられなくなってるんじゃなかろうか。

まあニュースはさて置き、仮に再びバブル期のような好景気がやってきたとしても、もう一度、みんなに80年代のような生活がやってくることはないような気がする。次のバブルはきっと、ひと握りの富裕層がさらに豊かになって、残りの「下流」階層のひとたちは相変らずのジリ貧生活のまま何も変わらないんじゃなかろうか。

で、実際にバブルが来ていてもあいかわらずニュースでは、タクシーの運転手が「いやー、だめっすね」ってインタビューに答えてるのかもしれない。

  • キッピーニョ

    同感です。
    僕も「いやー、だめっすね」って答えてそうです。
    やっぱり富裕層にターゲットを絞った仕事の方が将来性あるかもって思っちゃいますね。

  • Atsushi Tadokoro

    僕も「だめっすね」組です、絶対。
    普通の人たちが、「なんとなくクリスタル」なゴージャス生活をしていた80年代にサラリーマン体験してみたかったですね。
    富裕層向けにターゲットを絞るとすると何をしたらいいのか、富裕層経験が無いので、想像できません…。

  • akira(domingo)

    お邪魔します。
    バブル時代にいい思いをした人は、浪費癖が抜けずに借金抱えてたりするんじゃない? 
    そういう上司を見てきたので、バブルの恩恵にあずからなくてよかったなーと思うよ。(笑
    富裕層狙いのビジネスってバブルの香りがしますね。

  • > domingoさん
    確かに上がった生活レベルを落とすのは、ずっとジリ貧より辛そうですね…。でもちょっと恐いもの見たさで体験してみたかったバブル時代、って感じです。ちょっと仕事して、会社帰りにマハラジャでフィーバーしてタクシー券で家に帰る、というのが僕の歪んだバブルイメージです。

  • ivva


    そうですね。ボデコンで扇子フリフリ荒木師匠がお立ち台シャンパンのお風呂に入ったり。ディスコのシャンデリアが上から落ちてきたり。

  • シャンデリア落ちたのは、確か僕が中学の頃だから、バブル前夜といったくらいですかね。
    シャンパンのお風呂、ベタベタしそうでやだなぁ…