yoppa.org


多摩美 - サウンド&ソフトウェアアート 2011

第4回:Maxuinoを使用して、Max/MSPとArduinoを連携する

今年度のSSAWは、月曜日は主にArduinoを使用したセンサーの制作、火曜日はMax/MSPを使用した音響合成やサンプリング・プレイバックについてとりあげてきました。今日はいよいよこの両者の技術を統合してオリジナルの「楽器」を制作していきます。まず前半で、Max/MSPとArduinoを連携するための環境「Maxuino」について解説します。後半はMaxuinoを活用して、課題として作成してきた自分の「楽器」をArduinoからコントロールできるよう改造します。

  •  とても参考になりました。Arduino買ったら挑戦してみようと思います。

  • ありがとうございますー

  • 八王子のoFセミナーではお世話になりました、九州の束田です。

    この度、田所先生の講義資料を元にMaxuinoの実験をさせて頂きまして、アナログ信号を取得できてMaxuinoが使えました。

    正確にはMax for Liveの環境となり、ランタイムはMax5での実用となります。

    Maxuinoのバージョンが9では古く、最新の14では新しすぎまして、13で設定したところ成功しました。

    いつも素晴らしい資料を有り難うございます。
    今後ともよろしくお願いします。

  • Pingback: maxuino + max for live メモ | Music Theory Workshop Japan()