yoppa.org


immediate bitwave

Webデザイン

  • 千葉商科大学政策情報学部
  • 2012年度春学期
  • 水曜4限
  • 2・3・4 年
  • 2単位

講義内容

Webデザイン応用。表現のメディアとしてのWebデザイン。

現在、World Wide Webを通して、日々膨大な情報がやりとりされています。情報を伝達するための手段として、Webは欠かすことのできないメディアとなっています。しかし、Webは単純な情報の伝達手段を越えた表現のためのメディアとしての大きな可能性を秘めています。Webブラウザの進化、Webに関連する様々なテクノロジーの進歩によって、表現の幅は日々拡がっています。

この授業では、jQueryや、HTML5、Canvas、WebGLなど最新の技術を積極的に活用して、Webブラウザを用いてインタラクティブなWebコンテンツの制作の手法について学びます。

講義ノート

HTML5テンプレート

下記のテンプレートを活用してください。

講義の到達目標

jQuery、Canvas、WebGLなどの最新技術を用いたWeb表現を身につける。

準備学習等の指示

HTMLとCSSの基礎は既に習得している前提で講義を行います。HTMLとCSSについてまだ理解していない場合は、あらかじめ学習しておいてください。

授業計画

  1. HTML5とは何か?
  2. jQuery入門
  3. jQueryのイベントを理解する
  4. jQueryプラグイン入門
  5. jQueryプラグインでフォトギャラリーをつくる
  6. 中間講評会:jQueryを用いたフォトギャラリー
  7. HTML5 Canvas入門
  8. Canvasで図形を描く
  9. Canvasアニメーション
  10. Canvasを用いた高度な表現
  11. WebGL入門
  12. WebGL – パーティクルシステム
  13. WebGL – シェーダー
  14. 総合制作
  15. 最終講評会

評価方法

出席状況,履修態度,課題提出(中間課題・最終課題)の内容を総合的に評価します。

履修上の注意

積極的に授業・演習に参加するようにしてください。

教科書

特にありません。

参考文献

授業内で、適宜紹介していきます。