yoppa.org


芸大 – メディアアート・プログラミング I 2022

反復と乱数

順次処理 (sequence)、反復 (iteration)、条件分岐 (selection) は、プログラムを構造化する際の基本構造です。今回はこの3つのプログラムの基本構造の中から「反復 (iteration)」についてとりあげます。 コンピュータは何度もくりかえし処理することが得意です。プログラムで指定さえすれば、数百回、数千回、数万回と不満を言うことなく瞬時に反復処理を行います。反復によって人力の作業では膨大な時間がかかるような処理も瞬時に終えることが可能です。

今回はさらに、この反復処理に乱数を適用してみます。 乱数とは、サイコロを振って得られる数字のように規則性のない数のことです。p5.jsでは random() 関数を使用することで範囲を指定して乱数を生成することが可能です。

乱数と反復を組合せることで、偶然性を取り入れた表現が可能となります。図形の位置、大きさ、色などを乱数を利用して特定の範囲内でランダムに繰り返し指定することで、偶然性をコントロールしながら表現に取り入れることができるようになります。いろいろな可能性を試してみましょう。

映像資料

スライド資料

本日の課題

本日のテーマ: 「反復と乱数 – 色彩と形態による画面構成」

ここまで解説したプログラミング手法を活用してp5.jsで画面構成を行ってください。

  • 繰り返し (for)
  • 乱数 (random)
  • 色彩 (HSB)
  • 形態
  • 座標

作成した作品にタイトルをつけて、OpenProcessingに投稿して、そのURL (アドレス) を以下のオンラインフォームから提出してください。本日のタグは、geidaima220506 です!

投稿フォーム