yoppa.org


immediate bitwave

芸大 – 芸術情報演習デザイン(Web) 2014

CSS入門1 – 情報の形を視覚化する

ここまで4回にわたって解説してきたHTMLは、文書の中に目印をつけて(マークアップ)、その構造を記述するための言語でした。その結果ブラウザに整形されたページが表示されるものの、文字の色や大きさ、背景の色、行間やフォントなど、そのデザインはブラウザであらかじめ決められた固定のものでした。今回からはこのHTMLで構造を記述された文書に対してデザインを行うための新たな仕組みについて解説していきます。HTMLに対してその表示形式を制御するしくみとして「スタイルシート」というものがあります。HTMLではその代表的な仕組みとして、CSS (Cascading Style Sheets) があります。このCSSとHTMLによって、体裁と構造を分離して記述することが可能となり、現在のWebデザインの基本となる考え方となっています。今回はこのCSSの仕組みと基本についての導入を行います。

スライド資料

本日のスライド資料は下記のリンクから参照してください。