yoppa.org


immediate bitwave

多摩美 - メディア芸術演習 VI – メディア・アート II 2011

第8回:openFrameworks addonを利用する2:サウンド、音響合成 – ofSoundPlayer, ofxMaxim, ofxOsc, ofxPd, ofxSuperCollider

今回は、サウンドに関する機能とAddonsをとりあげます。

openFrameworksで音を扱うには、いくつかのアプローチが存在します。まず、Addonsを使わずに実現する方法として、ofSoundPlayerを利用したサウンドファイルの再生が一番手軽な方法です。また、testAppのaudioIn()とaudioOut()イベントを使用して、波形レベルで音響信号を合成して録音・再生する方法もあります。

さらには、addonsを活用して、OSCというコントロールシグナルを介して外部の音響合成言語やアプリケーションと連携することも可能です。代表的なものとして、Pd(Pure Data)と連携するためのofxPd、SuperColliderと連携するofxSuperColliderやofxSuperColliderServerなどがあります。

授業内で紹介した全てのサンプルプログラムは下記からダウンロードすることができます。