yoppa.org


immediate bitwave

2015年のコンピュータ音楽

4X (centre) at the IRCAM Machine Room

  • 2015.10.26
  • 明治大学先端数理科学研究科先端メディアサイエンス学科
  • 「コンピュータ・ミュージック」ゲストレクチャー

明治大学先端数理科学研究科で開講されている「コンピュータ・ミュージック」の授業で、ゲストレクチャーしました。

このレクチャーの依頼を受けた際に「新しい音楽はどうあるべきか」というテーマをいただき、その答えを考える中で、もう一度今現在のコンピュータ音楽の意義を考えなおす良いきっかけとなりました。

そもそも、今の世の中のほとんどがコンピュータが介在した音楽ではないのか? ではなぜ、2015年のいまコンピュータをつかって音楽を作るのか? こうした疑問をもとに、新しい音楽およびその先端的表現について、前半はコンピュータ音楽の歴史を紹介しながら、後半は Sonic Pi というコンピュータ音楽開発環境を使いながら、自分なりにいろいろと考えてみました。

スライド資料

スライド資料は、下記からご覧ください。