yoppa.org


immediate bitwave

サウンド&ソフトウェアアート 2010

インタフェイスについて

課題講評回

課題内容:Fine Collection of Curious Sound Objectsを参考に、録音、再生、音響合成を使用して、簡単なインタラクションによって、音を発生する「楽器 (ソフトウェア版)」を作成する。

参考:Fine Collection of Curious Sound Objects

  • 制作した課題をひとりずつ講評していきます。

インタフェイスについて

  • 久保田先生による、導電布を用いたインタフェイス制作のデモ

ソフトウェア楽器とデバイスを連携させる

この解説のオリジナル(英語)のページはこちら → playground – MaxMSP

Arduino2Max (Version .4)

Arduino2Maxは、Arduinoの12コのデジタル入力と6つのアナログ入力を、Max/MSPの環境で読むことを可能にする、Maxパッチとそれに付随するArduinoのコードのセットです。使用するためには、下記のリンクにあるArduino2MaxのZipファイルをダウンロードして、中に含まれるArduinoのコードを使用して、Arduinoをプログラムします。

次に、中に含まれているMAXファイルをコピーします。

上に示したプルダウンメニューは、通信するシリアルポートの選択をあらわしています。このパッチの「Start」で開始すると、名前をつけた受信用のオブジェクトから、Arduinoのピンから受信された値を受信することが可能となります。

これはデジタル入力の読取方法です。

Arduino2Maxは、Arduinoからの入力を読み取るだけです。しかし、すこし改良すれば、シリアルの書き出しも可能となります。自由に改変して、プログラムバージョンを上げてリポストしてください。

Arduino2Max, Version .40 October 30th, 2007 DOWNLOAD v .4

  • Max 4.5以上の実行環境が必要
  • Intel Mac 1.83/OSX10.4/Diecimila/Freeduino/MAX4.5 以上で作動
  • USBポートを選択するプルダウンメニューを追加