yoppa.org


immediate bitwave

メディア芸術の基礎 2017 – 東京工科大学

第3回: 繰り返し、増幅 (制御構造、ループ)

先週に引き続いて、Processingを用いたプログラミングの基本を解説します。まず始めに、数値や文字などの値を格納するための「箱」のような機能「変数」について解説します。その後で、変数を活用しながら、何度もくりかえして処理を行う方法について考えていきます。

次回までの課題

今回の内容をふまえて、以下の課題を次回の講義の開始時間までに作成してメールで提出してください。

課題: 「くりかえし」と「乱数」で表現する

  • くりかえし (for文) と乱数 (random) を使用して表現を行う
  • 作品タイトルをつける
  • ランダムな要素例
    • 位置
    • 大きさ
    • 角度
    • …etc.

課題の提出方法

  • emailで提出
  • To: tadokoro+teu17@gmail.com
  • Subject: 課題1
  • 作成したプログラムをスクリーンキャプチャーしてメールに添付
  • 本文に以下の内容を記入して提出
    • 学籍番号
    • 氏名
    • 作品のタイトル
  • 締切: 次回の講義開始時間 (5月15日 16:45) まで

スライド資料

サンプルプログラム

本日とりあげたサンプルプログラムは以下からダウンロードしてください。