yoppa.org


芸大 – メディアアート・プログラミング I 2022

かたちとコード / 基本図形と色彩による画面構成

この講義では、p5.jsを使用してコードによるデザインを行います。その最初の一歩として、コードによって「かたち」を描くにはどうすれば良いのか考えていきます。

まず始めに、1950年代〜70年代の、コンピューター黎明期から発展期におけるコード(プログラム)による様々な視覚表現について紹介します。過去の作家がどのようなアイデアで、何を表現しようとしてきたのか、その歴史を辿ります。

後半は、そうした歴史を踏まえた上で、 p5.js 実際に図形を描いていきます。まずp5.js の操作基本を解説し、簡単な図形を描きながらp5.jsでのプログラミングの基本を学びます。

映像資料

スライド資料

本日の課題

テーマ: 「p5.js基本図形と色による画面構成」

ここまで解説したp5.jsの機能を活用して画面構成をしてみましょう

  • キャンバスのサイズは 800 x 600 pixelでcreateCanvas(800, 600);
  • 点、線、矩形、楕円、円といった基本図形
  • 背景色、塗りの色、線の色
  • 完成したら何かタイトルをつける
  • 座標、色、数値による図形の描画に慣れるのが目的です
  • 完成した作品はOpenProcessingに投稿してURLを提出
  • geidaima220415 でタグ付けする!
  • 授業の最後の時間で簡単に作品発表をします!

課題の提出は以下のオンラインフォームから。課題の提出をもって出席とします。