yoppa.org


前橋工科大学 - 情報処理技術の基礎

第11回 : Illustratorの基礎 2 - デザイン制作の流れとレイアウトの基本、グリッドシステムについて

前回の実習ではIllustratorの基本操作について習得しました。今回は身に付けた技術を活用して、より実践的なデザインの手法について学んでいきます。

まず、デザイン制作の一般的な流れについて解説します。デザインする素材は、あらかじめ整理された状態で提供されるとは限りません。雑多な情報の中から必要に応じて整理して、 似たような情報がまとまった場所にあるように順番を整理したり 、情報の重要度によって強弱をつけたりといった作業を行います。そうしたデザイン制作のための一連の流れについて解説していきます。

さらに今回は「グリッドシステム」について詳細に取り上げます。グリッドシステムとは、 画面上に格子状に縦横のガイドラインを引き、そのブロックごとに文字や図版を配置してデザインする手法です。スイスのグラフィック・デザイナー、ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン(1914~1996年)は、デザインされる媒体の面積と文字の大きさの比例を研究しました。その成果は「Grid systems」として発表されました。グリッド・システムは、エディトリアルなどの分野で広く使用され、現在のWEBデザインの基本にもなっています。

後半の実習では、実際にグリッドをIllustratorで設定する方法について解説して、実際にグリッドシステムを用いたレイアウトに挑戦します。

スライド資料