yoppa.org


immediate bitwave

前橋工科大学 – サウンドプログラミング 2023

TidalCycles手動インストール – Windows

事前準備

必ずインストールが必要な項目

Tidalをインストールする前に、以下が最初にインストールされていることを確認してください。

※ WindowsでのTidalCyclesではghc 9.6.1cabal 3.10.1.0が推奨されているのでこのバージョンをインストールします。バージョンの指定方法は後述。

Haskellをインストールする

GHCupのページにあるインストールスクリプトをPowerShellにコピー&ペーストしてGHCupをインストールします (時間がかかります…)

Set-ExecutionPolicy Bypass -Scope Process -Force;[System.Net.ServicePointManager]::SecurityProtocol = [System.Net.ServicePointManager]::SecurityProtocol -bor 3072; try { Invoke-Command -ScriptBlock ([ScriptBlock]::Create((Invoke-WebRequest https://www.haskell.org/ghcup/sh/bootstrap-haskell.ps1 -UseBasicParsing))) -ArgumentList $true } catch { Write-Error $_ }

GHCupのインストールが終了したら下記のコマンドを順番に実行してghcとcabalのバージョンを指定します。

ghcup install ghc 9.6.1
ghcup install cabal 3.10.1.0
ghcup set ghc 9.6.1
ghcup set cabal 3.10.1.0

-- 確認
ghci --version  
cabal --version

TidalCyclesをインストールする

コマンドプロンプト(またはPowerShell)を開き、次の2つのコマンドを入力して実行します。

cabal update
cabal v1-install tidal

時間がかかるので、ゆっくり待ちましょう。

SuperDirtをインストールする

SuperColliderを起動し、エディターウィンドウで次のコード行を貼り付けます。

Quarks.checkForUpdates({Quarks.install("SuperDirt", "v1.7.3"); thisProcess.recompile()})

コードをクリックしてコードを実行し、カーソルがこの行にあることを確認してから、Controlキーを押しながらEnterキーを押します。

インストールにはしばらく時間がかかります。インストールが完了すると以下のメッセージが出力されます。

Installing SuperDirt
Installing Vowel
Vowel installed
Installing Dirt-Samples
Dirt-Samples installed
SuperDirt installed
compiling class library...
...
(then some blah blah, and finally, something like:)
...

<!--T:28-->
*** Welcome to SuperCollider 3.12.2. *** For help press Ctrl-D.

VisualStudio拡張機能をインストールする

以下のページからTidalCycles for VSCodeをインストールします。「Install」ボタンを押すとVSCodeが起動してインストールされます。

SuperColliderの初期設定ファイルを編集

SuperColliderの初期設定を行います。SuperColliderを起動して「File > Open startup」から「startup.scd」ファイルを開いて下記の設定を記入します。

/*
 * "startup.scd"
 * TidalCycles用のSuperColliderの初期設定ファイルのサンプルです
 * SuperColliderを起動して「File > Open startup」から開きます
*/

(
    s.reboot {
    // 読み込むサンプルを増やす場合ここを増やす
    s.options.numBuffers = 1024 * 256;
    // bootした際に"alloc failed"というメッセージが出る場合ここを増やす
    s.options.memSize = 8192 * 32;
    // "exceeded number of interconnect buffers"というメッセージが出る場合はここを増やす
    s.options.numWireBufs = 64;
    //"too many nodes"というメッセージが出る場合はここを増やす
    s.options.maxNodes = 1024 * 32;
    //出力チャンネル数
    s.options.numOutputBusChannels = 2;
    //入力チャンネル数
    s.options.numInputBusChannels = 2;

    s.waitForBoot {
        ~dirt = SuperDirt(2, s);
        ~dirt.loadSoundFiles;
        ~dirt.start(57120, 0! 12);
    };
    //"late"というメッセージが出る場合はここを増やす
    s.latency = 0.3; 
};
);

インストールをテストする

チュートリアルのセクションで、TidalCyclesを試してみましょう!