yoppa.org


前橋工科大学 - サウンドプログラミング(環境情報デザイン) 2019

TidalCycles導入 – インストール

この演習の後半はより本格的なライブコーディングのパフォーマンスを実践します。そのために、これまで使ってきたSonic PiからステップアップしてTidalCyclesというより本格的なライブコーディングの環境を使用していきます。

今回はTidalCyclesのインストールを行います。TidalCyclesはSonic Piと違って全ての開発環境が統合されたアプリケーションは存在しません。プログラミング言語、ライブラリー、音響合成エンジン、テキストエディターをそれぞれ別個に入れていく必要があります。この授業では以下の環境で使用していく予定です。

  • SuperCollider (and SuperDirt) : 音響合成に使用
  • Atom (and the TidalCycles plugin) : テキストエディターとプラグイン
  • ghci (ghcup) : プログラミング言語Haskellのインタープリタ
  • The Tidal library : TidalCycles本体 (Haskellのライブラリー)

インストールには、自動インストールと手動インストールの2種類の方法があります。まず自動インストールを試してみて、うまくいかないようであれば手動インストールをしましょう。インストールの方法は下記の資料を参照してください。

Proxy環境下での事前準備

前橋工科大学のネットワークはProxy環境下にあります。そのため自動インストールする前に以下の事前準備が必要です。

macOS

.bashrcに以下の記述を追加

export http_proxy=http://172.20.1.24:8080
export https_proxy=$http_proxy
export HTTP_PROXY=$http_proxy
export HTTPS_PROXY=$http_proxy

さらにターミナルで以下のコマンドを実行

$ export ALL_PROXY=http://172.20.1.24:8080

Windows

以下の記事を参考に、Proxy環境下用にChocolateyをインストールする。

自動インストール

手動インストール