yoppa.org


前橋工科大学 - データ構造とアルゴリズム

第7回: アニメーションとベクトル

ここまでは、主に静止した図形を主に扱ってきました。今回はアニメーション、つまり図形を動かす方法についてより深く考えていきます。

まず、位置と速度によって動きを記述する方法について考えていきます。さらにそこから発展させて、「ベクトル」という概念を用いて、向きと大きさをもった量としてアニメーションを記述する方法について学んでいきます。

スライド資料