iA


Roppongi ArtTech Night #1 発表資料

Google Japan主催で開催された、アートとテクノロジーの交流の場「Roppongi ArtTech Night #1」で、トークしました。先日のJSSAの発表と重なる部分も多いのですが、発表資料を公開します!

スライド内で紹介している資料へのリンクです。


ARTSAT1: INVADER – realtime tracker α 公開!!

多摩美と東大による、世界初の芸術衛星「ARTSAT1: INVADER」の打ち上げが成功し、無事周回軌道に乗った。成功を祝して何かできことを、ということで、衛星の位置をリアルタイムで3D表示するWebページ作成した。

WebGLを用いた3Dグラフィクスの表示には、Three.jsを使用。こういうデータを元にした3D表示が非常にシンプルに実装できて、素晴しいライブラリということを改めて実感した。

表示している衛星の周回軌道は、北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)が発行しているTLE(Two Line Element)という、衛星の軌道をテキスト2行で記述したフォーマットをもとに演算している。ちなみに今日現在のINVADERのTLEは下記。

2014-009F 
1 39577U 14009F 14061.38381964 .00092433 00000-0 11001-2 0 154
2 39577 65.0139 50.9298 0006596 319.5829 40.4842 15.60594203 404

この情報はオンラインで公開されている。この情報は今後変更されることもあるので、1日1回自動更新するよう設定した。

このTLEから実際の座標を算出するためのアルゴリズムが考案されている。しかし、内容はかなりゴリゴリの数学。今回用いたSGP4という方法も、論文を参照しても途方に暮れてしまう感じ。

というわけで、どこかにJavascriptで実装されたSGP4のライブラリがないか調べたところ、Isana Kashiwai氏の実装したorb.jsというライブラリを発見。今回はこのライブラリを全面的に使用しています。Isana Kashiwai氏に感謝します。

このバージョンはまだα版的な位置付けで、今後は衛星の状態などにアクセスしたりいろいろ拡張していきたい。

ソースコードは全てGithubに公開したので、興味ある方は覗いてみてください。



クリエイティブ・ミュージック・コーディング

先日行なわれた、先端芸術音楽創作学会(JSSA)の研究会で発表した資料公開します。内容は、Processing、openFrameworks、Cidnerなど、いわゆる「クリエイティブ・コーディング」と呼ばれる開発フレームワークでのコンピュータ音楽の創作手法についての現状の紹介です。

ペーパーはこちら。研究報告 「クリエイティブ・ミュージック・コーディング」 – オーディオ・ビジュアル作品のための、オープンソースなソフトウエア・フレームワークの現状と展望 –

(久しぶりにTexで原稿に、大苦戦…)

「クリエイティブ・ミュージック・コーディング」- オーディオ・ビジュアル作品のための、オープンソースなソフトウエア・フレームワークの現状と展望 from Atsushi Tadokoro


プログラム初級講座 – メディア芸術をはじめよう

プログラム初級講座 – メディア芸術をはじめよう from Atsushi Tadokoro

第17回、メディア芸術祭で行った、プログラミング入門のワークショップのスライド資料を公開します。このワークショップでは、ProcessingをRaspberry piで動かして、プログラムの楽しさに触れることを目的として、中学生、高校生を対象に行われました。

ワークショップで配布した、Processing、Google Coder、openFrameworks、Wolfingを使えるようにカスタマイズしたRaspberry piのディスクイメージは、下記からダウンロードして使用可能です。


coma Creators session vol.2 資料公開

coma Creators session vol.2 from Atsushi Tadokoro

coma Creator’s session vol.2 にお越しいただいた方、ありがとうございました。当日のスライド資料を公開します。

内容は、昨年末にcomaDiscotheque Ver0.03 に出演した際のライブパフォーマンスの技術的な解説となっています。

また、この中で取り上げられているサンプルプログラムのソースコードは、下記からダウンロードしてください。

イベントを主催していただいた、青木さん、ありがとうございました!!


デジタルアートセミナー#2 openFrameworksで学ぶ、クリエイティブ・コーディング

大学セミナーハウスでの1泊2日のopenFrameworksのワークショップ「デジタルアートセミナー#2 openFrameworksで学ぶ、クリエイティブ・コーディング」、無事終了しました。企画・ディレクションの藤本直明さん、神田竜(Kezzardrix)さん、赤川智洋さん、堀口淳史さん、大海悠太さん、比嘉了さんという豪華講師のみなさん、TAとしてお手伝いいただいた加治洋紀さん。ありがとうございました。そして、今回も食事や宿泊始め、ワークショップのコーディネイトをしていただいた大学セミナーハウスのスタッフの方々、ありがとうございました。

田所は、主に初級者向けのワークショップを担当しました。当日使用したスライド資料を掲載します。

サンプルプログラム

https://github.com/tado/DigitalArtSeminar13

スライド

デジタルアートセミナー#2 openFrameworksで学ぶ、 クリエイティブ・コーディング Session 1: openFrameworks入門 from Atsushi Tadokro

デジタルアートセミナー#2 openFrameworksで学ぶ、 クリエイティブ・コーディング Session 2: 構造をつくる from Atsushi Tadokro

デジタルアートセミナー#2 openFrameworksで学ぶ、 クリエイティブ・コーディング Session 3: アドオンを作ろう! from Atsushi Tadokro


「ラングトンのアリ」openFrameworks版

50行で作る、HTML5+JavaScriptで『ラングトンのアリ』の簡単プログラミング!」という記事に触発されて、「ラングトンのアリ」のopenFrameworks版をつくってみた。C++のスピードを生かして40匹のアリを一気に野に放ってみる。

最初地道にトンネルを掘っているのだが、一度トンネルが開通するとそのトンネルを利用してどんどん移動が高速化していく様子が面白い。たまにせっかく掘ったトンネルを塞いでいくマヌケなアリもいたりして… シンプルなルールなのに、まるで一つ一つのアリが知能を持っているように感じられるのが不思議。ラングトンはやっぱり面白い。10年ちょっと前のA-Lifeブームの後、この界隈ってどういう発展をしているんだろう…


プロジェクション・マッピング基礎練

今年の多摩美のopenFrameworksの授業(Media art II)では、プロジェクション・マッピングをとりあげていこうという方針になった。ところが、実は今まで知識としてはプロジェクション・マッピングについて知っていても、自分でゴリゴリとプログラムを書いてこなかった。主な理由としては、身近にプロジェクションしながら試す環境が無いというのが大きい。これではいかんということで、奮発して小型プロジェクターを購入してみた。

TwitterとFacebookでおすすめの小型プロジェクターを募ったところ、複数の方からQUMI Q5が良いという評判が寄せられた。それではということで、amazonで購入。あわせて、SLIKのミニ三脚も買ってみた。

数日で届いたので早速試してみたところ、期待していた以上に明るい。そして小さくて軽い。評判が良いだけあると実感。手元にあったNexus 7と大きさを比較してみると、こんな感じ。

Untitled

道具は揃ったので、早速プロジェクション・マッピングの基礎練習。まずは、基本中の基本ということで、透視変換をつかってプロジェクターとは並行になっていない平面にピッタリと画像を投影する実験。本来はOpenCVで行列の計算をしなければいけない(と思う)のだが、便利なアドオンを開発している人が既にいるので、それを利用。julapyさんによるofxQuadWarpを使用すると、とても簡単に実現できる。

サンプルをちょっと修正して、ルービックキューブにoFロゴを投影してみた。プロジェクターが明るくて鮮明なので、なかなか良い感じ。

Untitled

ここまで出来ると、いよいよ立体の複数の面にマッピングしたくなってくる。より本格的なキャリブレーションのシステムが必要となってくるのだが、まずは出来合いのプログラムを活用してみた。Kyle McDonaldさんが、YCAM InterLabに滞在して制作したプロジェクションマッピングのためのツールキット、「mapamok」を使用して、実験してみた。

Google Sketchupでルービックキューブをモデリングして(といっても、立方体を並べただけだけど)、それをモデルとしてmapamokに読み込む。キャリブレーションは慣れるまではちょっと戸惑うのだけれど、一度コツをつかめば意外と簡単だった。それぞれの頂点を選んで投影された図形をみながら調整していく。10分ほど調整して、ルービックキューブにピッタリとマッピングできた。サイバー!

Untitled

アニメーションしてみるとこんな感じ。

なかなか楽しい!

まずは、既存のツールで試せたので、次のステップとしては自作のプログラムでマッピングできるようにしていきたい。


coma – creator’s talk session でのプレゼン資料公開

9月14日、西麻布のBullet’sで開催された「coma – creator’s talk session」でopenFrameworksについて喋ってきました。主催の青木さん始め、出演者の皆様方、ありがとうございました!

例によって、当日プレゼンした資料公開しました。若干技術的な細々した内容が多かったかも。もう少し内容を絞り込んだほうが良かったのかな。ちょっと反省…

後半の、「アドオンを作ろう!」のサンプルファイルは下記からダウンロードしてください。

ofxAddons.comの”make your own”の日本語訳はこちら。

coma – creator’s talk session: Code – openFrameworks from Atsushi Tadokro